So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

映画「海猿~BRAVE HEARTS~」 [映画]

2012年7月21日 雨
今日は職場の同僚らと映画「海猿~BRAVE HEARTS~」を観た。
今まで特に興味も湧かず観ていなかったシリーズの最新作。

メディアでも「面白い、面白い」と絶賛する声も多かった作品。
海猿に関わらずオイラはメディアが絶賛しまくる大作は極力鑑賞を避けてきました。
何だかメディアの扇動されているような気がして・・・。

・・・が、今回は同僚のオススメだし観てみることにした。

「海猿」とは伊藤英明演じる海上保安庁の救助隊員・仙崎を中心とした
救助隊員たちの活躍を描いた映画。今回の「BRAVE HEARTS」は映画版4作目。

今回はやむを得ないトラブルにより東京湾上に
海上着水したジャンボジェットからの人命救出を描いた2時間を超える大作だった。

観た感想ですがメチャ面白かったです。
この映画に対して全く予備知識も無く、事前にパンフレットも買わず
観たのですが久しぶりにいい邦画を見た気がします。



120721_190814.jpg




シリーズを観ている人も観ていなかった人も十分楽しめる作品になっていました。
特に映画のエンドロールまでしっかり作られた映画も珍しいと思います。

今までのシリーズを観ていた人には素敵な余韻を与えただろうし
観ていなかった自分には過去のシリーズを観てみたいと思わせるものでした。

伊藤英明もカッコいいし加藤あいは綺麗だし
佐藤隆太はいい味だしてたし伊原剛志や時任三郎もしっかり脇を
固めていたし・・・それぞれのキャストが輝いて見えていたのも良かったです。

シェネルが歌う主題歌も良かったですね。


自分もすっかり面白さにハマって過去の作品を観ようと
レンタル屋さんに行ってみたけどレンタルDVDが全てレンタル中でした。(写真)
自分みたいに影響を受けた人達が多かったのでしょう。



2012-07-22 12:29  nice!(16)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

2012佐渡ロングライド210 本番 [自転車でおでかけ]

2012年5月20日 晴れ
120520_032308.jpg
いよいよ待ちに待ったイベント当日♪
「2012佐渡ロングライド210(公式サイト)」の朝を迎えました。
起きたのが午前2時半。興奮のためか正味4時間も眠れませんでした。
寝不足は自覚してました。なのに普段では考えられませんが頭は不思議とスッキリしてました。
朝食のバイキングはエネルギー不足が怖いのでガッツリ食べておきます。

120520_035331.jpg
スタート地点に向かうバスは4時出発。

120520_035707.jpg
現地へ向かうバスの車内でみんな下準備です。

120520_043330.jpg
現地に到着して自転車の組み立て・・・

120520_045436.jpg
準備完了じゃ。・・・ところがここで大きな忘れ物が判明。
自転車に装着するつもりだったミニバッグを持ってくるのを忘れてしまった。(汗)
なるべく身体には何も付けたくなかったのですがバッグを忘れてしまっては仕方ない。

タイヤがパンクした時の替えチューブや工具などの備品、栄養補給のバーなど
持って行かないわけにも行かないのでちょっと負担になりますがリュックを背負って走ることにしました。

120520_053413.jpg
「佐渡ロングライド210」は参加者の総勢が3000人を超える大イベント。

120520_054514.jpg
スタートするまで結構待たされてしまった。途中でトイレに行きたくなったけど
ここで外に出ると待ち時間がさらに伸びてしまうのでスタートしてから途中の
AS(エイドステーション・休憩場所)でトイレすることにしました。

120520_063334.jpg
スタートは6時半。夕方6時まで11時間30分。この制限時間内に210kmを走り切り
ゴールできるかな・・・ちょっと不安でしたが一緒に参加されていた方から
「ゆっくり時間いっぱい使って完走するくらいのイメージで行けば楽勝ですよ」と
アドバイスを受けて少し気が楽になりました。

course.jpg
今回のイベントのおおまかなコース図です。(サイトから拝借しちゃいました)
佐渡島一周210km・・・長いなー。前半の山場は「Z坂」「大野亀」と呼ばれる2つの坂。
後半は160km過ぎからの坂6連発。特に「11%」「15%」と呼ばれる坂は凄いらしい。

120520_070907.jpg
20kmほど走って一番初めの相川AS(エイドステーション)に到着。
このまんじゅうメチャ美味しかった♪その後土産屋で探したのですが見当たらず・・・。
また食べたいなと思わせる味でした。

120520_080009.jpg
相川ASを超えて尖閣湾の美しい海を見ながら快走。気持ちいい。

HIMG0911.JPG
70kmほど走って・・・遂に来た前半の山場「Z坂」です。
11%ほどの斜度で登りごたえのある坂でした。後半戦のために
ダンシング(立った姿勢でペダルを漕ぐ事)をしないで凌ごうと思ったのですが
傾斜に耐え切れずダンシングしようとしたら両足ふとももの内側が張ってしまいました。

・・・いかん、事前の練習不足がこんな形で露呈してしまいました。
足が攣らないように慎重に坂を登る羽目になりました。


120520_092823.jpg
そして「大野亀」も超えて行きました。この周辺の山と海・・・綺麗でしたよ。
今度佐渡に行く機会があったら一人もしくは仲間と一緒にのんびりと自然を眺めながら
走りたいですね~。海府大橋から見える風景はまさに「絶景」で自転車に乗っていることすら
忘れてしまうくらいでしたよ。

ただこの2つの坂でペースは大幅ダウン。
相当時間が食われてしまいました。

120520_103805.jpg
前半の2つの坂を超えて中間地点の両津BS(弁当ステーション)まで20kmちょっと。
思ったより時間が経ってしまっていたので少し急ぐことにしました。

120520_112348.jpg
11時半近くに中間地点の両津BSに到着。スタートから100kmを6時間もかけてしまいました。

120520_112418.jpg
弁当を食べながら後半戦のプランを練ります。

後半戦1.jpg
後半戦の道のりは110km。前半100kmで6時間もかけてしまいました。
残り6時間ちょっとで6本の坂超えを含む110kmを走らなければなりません。
前半は坂2本しかないのに6時間、後半は坂6本・・・制限時間内のゴールが不安になってきました。

そんな時に同じツアーに参加されていた方と遭遇。
途中から腰が痛くなったらしく棄権するとの事。残念。

このままでは多分オイラも途中のASでの制限時間切れで強制リタイアになりそうだけど
棄権は嫌でした。完走出来ないにしても堂々とタイムオーバーでリタイアしたいと思ってました。
あと終盤に控える「11%」「15%」の坂は経験しておきたいとも思ってました。

120520_124403.jpg
メシを腹に入れて気を取り直して後半戦スタートです。
140km地点にある多田ASまで40km。平坦の多い道だし一気に行くぞ~と
思っていましたが・・・

しんどい坂.jpg
両津BSから10kmほどは平坦な道が続きましたがそこから意外とキツイ坂が
地味ぃ~~に続きました。いきなり初めの坂で再び太ももの張りが襲ってきました。

あぁ、俺もリタイアしとけば良かったかなー・・・さっきまでカッコいいこと言っておいて
30分後にはこんなザマでございます。超弱気になってしまいました。

120520_124720.jpg
そんなオイラでしたが現地の人たちの応援に救われました。
島の人たちの応援に感謝、感謝です!

120520_131516.jpg
午後1時過ぎに140km地点の多田ASに到着。
暑さもピークになってオイラの疲労も相当でした。肉体的にもきつかったですが
精神的な疲労の方がきつかった・・・。

後半戦.jpg
坂6発を含めた残り70kmを4時間チョイで走らなければタイムオーバーです。
あぁ・・・ダメか。今思えばこの地点が一番精神的にきつかったかもしれません。

120520_114438.jpg
そんなオイラを救ってくれたのが同じツアーで一緒だった方たちでした。
「一緒に走りましょう!」と誘ってくれました。一緒に走ることにしました。
時速27,8kmの思ったよりスローなペースで坦々と走りました。


案外スローなペースだなぁ・・・と思う反面、
あぁ、今はスローでも終盤の登りで置いて行かれるんだろうなー
・・・相当ネガティヴな心境で走り続けました。

120520_141322.jpg
162km地点の小木ASでマッタリと休憩。30分近く休憩しました。
「こんなに休憩していたらタイムオーバーだな、まぁいいか・・・」と
半ば諦めながらご一緒した方とゆっくり休憩しました。


120520_144347.jpg
さてここから50km坂6連発を迎えるクライマックス。
・・・が、ここで「絶望的な状況」から一転します。
序盤は両足太ももの筋肉が切れちゃうんじゃないかと思うくらい張りがあって怖かったのですが
張りが抜けると自分でもビックリするくらいペースが上がってきました。

さっきマッタリと休憩した効果は巨大でした。


120520_150900.jpg
序盤の2つの坂をあっさりとクリアーすると11%坂もダンシング(立ち漕ぎ)することなく登り切りました。
この時初めて「これなら完走できそうだ」と思えるようになっていました。


120520_152418.jpg
いよいよ15%坂にトライ!かなりしんどい坂で座った姿勢でのペダル回しに限界を感じていました。
幸い、太ももの筋肉の張りも無いし一気にダンシングでケリをつけようと立ち上がった瞬間、

・・・両足の太ももが攣ってしまいました。

体勢を維持できず反射的に自転車を降りてしまいました。

・・・今回のツアーで唯一心残りがあるとすればこの時点での降車です。
ただ無理した挙句落車してケガしたり、周りの自転車を巻き添えにしては最悪なので
これは仕方ないと納得もしていました。

120520_155749.jpg
最後のASである素浜ASに到着。(180km地点)
この時点で持ち時間の残りは2時間。坂はあと2つありますが2時間あれば完走は出来そうです。
さっきの小木ASでじっくり休憩したことで相当身体も楽になったみたいです。

やっぱり休憩って大切なのねん・・・と実感した瞬間でもありました。

120520_160422.jpg
素浜ASを出発してすぐに登り坂。斜度は7%程度でしたが180km以上走ってきた上に
2kmを超えるダラダラと長い登り坂。厳しかったですね~。

120520_170354.jpg
最後の坂を乗り越えてあとはスイスイ平坦な道をゴール目指して突っ走ります。
200km地点の看板で記念撮影。

120520_174348.jpg
スタートから11時間後の夕方5時半。残り30分で完走することができました。
完走証も嬉しかったけど味噌汁が・・・美味い♪

120520_180521.jpg
一時期、完走をあきらめかけた時もありましたが一緒に走ってくれた皆さんのおかげで
無事に210km走りきることが出来ました。

佐渡の自然も人情、そして参加された皆さんとの一体感も感じることができたし最高でした。
機会があったらまた走ってみたいですね。


詳しくはこちらにも書いてありますので見て頂ければ幸いです。





2012-06-02 07:11  nice!(13)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2012佐渡ロングライド210 前夜 [自転車でおでかけ]

2012年5月18日の夜
120518_185607.jpg
今夜はいよいよ5月20日に行われるサイクルイベント「2012佐渡ロングライド210(公式サイト)」の
開催地である佐渡へ向かいます。

朝6時にスタートして夕方6時まで佐渡島一周210kmを一日で走るイベントです。
コース上には多くの坂が待っている自転車バカ自転車好きにはたまらないイベントです。



120518_232711.jpg
昨年、「日本海から太平洋ツーリング」を終えてから「来年(2012年)は佐渡だ」と思い、
狙いをこのイベントに定めていました。
このイベント用のバスツアーがあったので利用させてもらいました。

なにせバスで自転車も一緒に運んでくれるので大助かりなツアーなのです。


120519_003443.jpg
行きのバスではチューハイを飲みすぎました。

120519_045228.jpg
途中、休憩で降りた妙高高原です。ちょっと肌寒かったなぁ。

120519_060636.jpg
8時間ほど走って翌19日の早朝、新潟の直江津港に到着。

120519_055846.jpg
フェリーが着くまで「ながも蕎麦」を頂きました。美味しかったぜぇ~♪

120519_084557.jpg
7時過ぎのフェリーで佐渡を目指します。船酔いしちゃって辛かった。
昨夜バスで飲み過ぎたのをちょっとだけ反省。

120519_100357.jpg
佐渡に到着してから佐渡観光です。古い民家を見たり・・・

120519_110658.jpg
砂金取りにハマったり・・・

120519_121320.jpg
佐渡の歴史伝説館で佐渡の歴史を勉強させてもらったり・・・
リアルすぎるロボット達が教えてくれる佐渡の歴史は面白かったですよ。
思ったよりも「当り」な施設だと思いました。


120519_124020.jpg
この歴史館のお土産屋さんで思わぬ人を見ました。
北朝鮮による拉致被害者の曽我ひとみさんの旦那さんのジェンキンスさんでした。
黙々とお土産を包んでおりました。

120519_125459.jpg
食堂でメシ・・・美味いのぅ♪

120519_133142.jpg
地元の酒蔵の見学もさせていただきました。

120519_141842.jpg
一通りの佐渡観光を終えていよいよ明日のイベントの受付です。
有名メーカーさんのブースも多数出展されていてそれを見ているのも面白かったですよ。


120519_143422.jpg
明日は無事にこのゴールのゲートをくぐることはできるのだろうか?
佐渡観光中のバスの中からイベントのコースをチェックしましたが
かなり急な坂が多くて・・・不安になってきた。

明日の朝6時スタート、そして夕方6時までにゴールしなくてはなりません。
途中のAS(エイドステーション・休憩場所)でも制限時間が設けられていて
その時間に到着できなかった時点でリタイアになるのです。
(リタイアになった場合、バスでゴール地点まで強制送還です。)

120519_182855.jpg
観光バスの中から見える佐渡の坂を目の当たりにして210kmを完走する自信が揺らいできました。


120519_173841.jpg
夜はホテル宴会場でツアーの参加者のみなさんと情報交換です。

今回のバスツアーには自分を含めて38人が参加していましたが
見た目で自分が一番若い世代のように見えました。
最高齢の方が74歳、それも過去6回の佐渡ロングライドを皆勤している強者でした。

40~60代の参加者が多く皆さん経験値が高くて
いろいろ為になる話を聞けたのは嬉しかったし
「自分はまだまだだなー」とも感じました。

いよいよ明日は去年から狙いを定めてきた本番の210kmです。



~その2「本番」に続く~



オープン戦 [野球]

2012年3月16日 晴れ
120316_122408.jpg
今日は久々にマリンスタジアムに行ってきました。


120316_123134.jpg
昨年6月の交流戦以来のロッテ×阪神戦です。
写真はマリーンズミュージアム内)


120316_124637.jpg
平日昼間のオープン戦にしてはお客さんが多い。
さすが相手が阪神となると雰囲気も違います。


120316_125241.jpg
試合前に新加入選手の紹介がありました。
ドラフト1位の藤岡投手をはじめ、帰ってきたサブロー選手などが紹介されていました。
・・・サブローは新加入とは違うだろーと違和感を感じたのはオイラだけではだけではないはずだ。


120316_125646.jpg
阪神先発は能見投手、ロッテは何と!渡辺俊介投手ッ!うれぴー。
今日はフィールドウィングシート(球場側にせり出した客席)で観戦
投球練習している俊介投手が間近で見れたのは嬉しかった。


120316_134620.jpg
試合は渡辺・能見両先発の好投でスタート。


120316_141048.jpg
試合が動いたのが4回表。ロッテ2番手の小野投手が平野選手の2塁打から内野ゴロを絡めて
1点先制されたものの5回の裏にロッテも能見投手から1点取り返した。


120316_150154.jpg
せっかく同点に追いついたもののロッテ2番手小野が再び捕まる。
6回の表にブラゼル、金本、小宮山らにタイムリーヒットを浴びて4点を失い1-5。
今日の阪神は2番の柴田選手が光ってました。初めて見た名前ですが覚えておこうと思います。

6回のウラ、
阪神2番手投手は小林宏之(写真)。1塁側のロッテファンは異様な盛り上がりに反比例して
ロッテ打線はトーンダウン。3者凡退でファンも一緒にトーンダウン。

7回の裏も「あと1本」が出ずに4点差は変わらず。
ホーム初戦がこれか・・・ムードの停滞が続きました。


120316_150934.jpg
奇跡が起こったのはあきらめムード深まった8回のウラ2アウト・ランナー無しからでした。
6番今江のファーボールから2番根元まで6者連続出塁で5点ゲット!

「繋がる」マリンガン打線が発動して一気に逆転に成功!
あまりにも嬉しくて酒飲みすぎちゃった。[ビール][ビール][ビール]


120316_163209.jpg
最終回は守護神薮田さまが登場。見事に3人で締めた。
最後まであきらめない野球でホーム初戦を見事に勝利で飾ってくれたマリーンズ、最高!


120316_163458.jpg
ただひとつ心残りがせっかくフィールドウィングシートを取ったのに
試合後の選手とのハイタッチができなかった事。

公式戦なら当たり前なのにオープン戦では何故・・・?(涙)


120316_164534.jpg
・・・何がともあれ、ホーム初戦を勝利で飾れて何よりです。
天気も良かったし、おちゃけも美味しかったし、今年は観戦する試合は全勝してほしいと思います。



2012-03-17 09:14  nice!(10)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

一年後 [その他、思うこと、考えること、感じること]

2012年3月11日 曇りのち晴れ
120311_090955.jpg
今日は約2週間ぶりに自転車に乗ってお出かけです。
船橋にあるららぽーと東京ベイまでひとっ走りです。


mitsu1.jpg
東北の大震災からちょうど一年が経ちました。(一年前のブログはこちら
震災から一週間後に幕張に行ったとき、電柱が傾いていたあの場所ですが・・・
(↑写真は2011年3月18日撮影)



120311_101815.jpg
今はすっかり直っておりました。(↑写真は今日撮影)





mitsu2.jpg
液状化現象で傷んだ石畳も・・・(↑2011年3月18日撮影)


120311_103554.jpg
しっかり修復されておりました。(↑今日撮影)


mitsu5.jpg
アスファルトが割れていた海沿いの道も・・・(↑2011年3月18日撮影)


120311_103808.jpg
すっかり修復されておりました。(↑今日撮影)


mitsu4.jpg
液状化で使用不可能だった幕張メッセの駐車場も・・・(↑2011年3月18日撮影)


120311_104848.jpg
かつて何もなかったかのような・・・です。(↑今日撮影)


120311_104533.jpg
震災後、駐車場は泥だらけでスタジアム脇の石畳はひっくり返っていた
マリンスタジアムもすっかり元通りになっています。(↑今日撮影)



120311_101847.jpg
・・・一年経てば当たり前じゃんとおっしゃる方もいるかもしれませんが
まだまだ傷跡が癒えてない場所も所々ありました。


120311_103204.jpg
スタジアムそばにある海の見える橋も震災の影響を受けた場所です。
日常は取り戻しはしたけれど一年経ってもまだ傷が癒えていない場所があります。
そんな場所を見るたびにまだ終わっていないと実感します。


被災地から離れた千葉はこんな感じ。(太平洋側はまだ大変なところがあります)
東北の被災地は如何ばかりか。


自転車で走りながらそんなことを思ってました。


何かしてあげたいけど何もできないオイラですが忘れずにいようと思います。


時が経ち政局の事で頭がいっぱいな政治家さんや
一部のミーハーなメディアの皆さんが忘れても
オイラは忘れません。


そう思った一年後のオイラでした。


2012-03-11 18:47  nice!(6)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

佐渡への誘い [自転車でおでかけ]

一通の封筒がきた。


120310_092842.jpg
スポニチ佐渡ロングライド210(公式サイト)」

今年5月に佐渡で行われる一般参加OKの自転車のロングライドイベントです。
1月下旬にエントリーしていたのですが、ようやく参加が決定したようです。


自転車に乗り始めて2年半ほど経ち、すっかり自転車にハマっている
40代オヤヂのオイラです。

一昨年は「大阪~千葉ライド(記事の一部)」、昨年は「直江津~白子海岸記事)」といった感じで
毎年独りで思いつきでロングライドをしていましたが今年は見知らぬ人たちと
同じ道をじっくり走りたくなってこのイベントをチョイスしました。



コースはAコース(210km)からDコース(40km)までの4種類。
自分はAコースにトライすることにしました。


ただここで問題が発生。昨年までは無かったのですが
今年から走行距離が210kmのAコースに「エントリー資格」が設けられたのです。(詳細
過去5年以内に100km以上のロングライドイベントへの参加経験が無いと
Aコースへのエントリーは出来ないというのです。


どうやらロングライド経験のほどんど無い人の無謀な参加による
事故のリスクを事前回避するためみたいです。


えっ~~~、急に言われてもそんな経験ないよ~。(~ヘ~;)ゝ
お先真っ暗だぜぃ。気分は超ブルーになりました。




120310_102129.jpg
急に経験って言われてもそんな経験ないよ~・・・と思ったら有りました。ヾ(^∇^)ノ
一昨年参加したツール・ド・千葉でした。(当時の記事
雨の中、仲間と走ったあの日オイラは119km走ってました。(↑写真)
(↑今思うと「そんなに走ったかな~」と言うのが実感ですが)


あの日雨の中で仲間たちと走った経験がこんな場面で活きるとは嬉しい限り。
何かやっておけば何時か役に立つこともあるんだなと思った瞬間でした。


120310_085745.jpg
・・・と言うことで遂に今年の佐渡ロングライドの参加が決定です。
一日で210kmを走るなんて・・・ウキウキしちゃう。

イベントは5月20日。できれば晴天の下で走りたいな。




↑安全地帯「情熱」


2012-03-10 09:59  nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

シーズン開幕近し [野球]

お久しぶりです。


先日我が家に宅配便がやってきました。


ファン歴がまだ短い千葉ロッテマリーンズのファンクラブの
会員証とその他モロモロがやってきました。

1d9e62.jpg


会員証をはじめ、無料チケット4枚(指定2枚、自由2枚)、選手年鑑、
記念バッヂ(ファンクラブ継続7年以上記念)、ロッテリアの無料券・・・
そして会員特典(数種類から選べる)であるマリーンズロゴ入りバッグ
ユニフォームやら色々あったのですが今年はコレをチョイスしました。


今年はこのバッグを背負ってチャリでスタジアムまで突っ走りたいですね。


今年は優勝・・・とはいいません!
自分が観に行った試合は全部勝ってほしい。(苦笑い)
マリーーーーンズッ!fighting!!!


2012-02-16 10:14  nice!(14)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

谷村有美おでかけツアー [谷村さん]

2012年1月7日

1cce7c.jpg
大阪のなんばHatchへ谷村有美さんのライヴに行ってきました。
今回のライヴも例年通りファンのリクエストをもとに構成されておりました。

一曲目がInstrumental Part1。
この曲が一番見ていて緊張しました。歌の無いインストゥルメンタルの曲ですが
昨年の夏に東京で行われたライヴではこの曲でミス連発していたので
ヒヤヒヤしながら見ましたがほとんどミスらしいミスもなく無事に演奏してくれました。


これを聴いてホッとしてその後確か3曲目の「恋に落ちた」で睡魔が襲ってきました。
あまりにも谷村さんの歌が聴いていて心地よすぎて一瞬、意識が飛びました。(汗)


愛する勇気の合唱も良かったしFEELMEでジャンプも出来たし
最後の最後で「星に願いを」をアカペラ。良かったのぅ。
谷村さん、福田さん、ありがとうございました。


ライヴのあとは楽しいオフ会。
ここ数年はライヴのあとの2次会(オフ会)も楽しみなのです。
コトヨンさん、和桧さん、かずさん☆、hiroさんと5人で愉快な2次会。

谷村さん繋がりの同窓会みたいなものです。
またみんなに会えるのはいつの日か。皆さんお疲れ様でした。
また会いましょう♪



防忘録20110918~0922 日本海から太平洋まで走ってみた [自転車でおでかけ]

2011年9月18日 晴れ
昨年大阪から琵琶湖経由で千葉までチャリで走ってからずーーーっと
次は「日本海から太平洋まで走りたい」と思っていました。
1801.jpg

年休をとってその想いを叶えるときがやってきました。

とりあえず自転車を運びながら新潟の直江津まで行きました。
宿でチェックインしてから直江津の海で時間つぶし。(動画


明日から千葉の白子海岸にある国民宿舎「サンライズ九十九里」まで
たぶん距離にして400kmオーバー。メチャクチャ面白くなりそうだ。


ただ唯一の懸念すべきは台風15号、16号・・・よりによって2つも来ているとは。
土砂降りだけは勘弁ね~。

この日の詳細はこちらからでも見れます。


9月19日 雨のち晴れ
1901.jpg
朝から小雨が降るました。やっぱり雨か。
出発します。国道18号目指して行きますよ~。(動画

1902.jpg
上杉の居城だった春日山城・・・行ってみたいけど今回は無理ね~。

1903.jpg
妙高に突入。これから上りに入ります。

1904.jpg
それほど斜度はきつくないのですが20キロほど上りっぱなしジワジワと脚にきますね~。

1905.jpg
高崎まで152kmか。千葉はまだまだ先だね~。雨が弱くなってきた。がんばるべ~。

1906.jpg
永遠に続く登り坂はない。スタートから3時間、50kmほど走ったところから
嬉しい下り坂がやってきた。一気に下る。
自動車たちと一緒にゴーなのだ。気持ちいい、マジで♪

1907.jpg
新潟から一気に長野に突入。長野市のハンバーグ屋「ハンバーグハウスNAGANO」で昼飯。
アイスクリーム食べ過ぎたぜ。あとここのバイトの女の子がメチャかわいかった。

1908.jpg
めしを終えて長野市内を突き進みます。天気もすっかり回復。気分もアゲアゲじゃ。
途中で地図とにらめっこ。今日は小諸あたりで宿をとることにしました。
4時くらいには着くかな。

1909.jpg
千曲川を抜けて・・・

1910.jpg
戦国の真田氏の城だった上田城で休憩。

1911.jpg
ただ小諸までそれほどでもないと思ったら大間違い。
地味に上り坂ばかり・・・何とか小諸市に入ってビジネスホテルをとることができました。
5時半に到着。今日は一日で140km走破。思ったより進めなかったなぁ。


1912.jpg
小諸駅の近くにある居酒屋「山草屋」という店でした。この店、最高。
おかみさんもオイラと違ってメチャお話上手で楽しい時間を過ごさせてもらいました。
明日通るであろうこの旅最大の難所「碓氷峠」の情報も仕入れました。
相当ハードな上りらしいです。わくわく。

心配なのは雨、15号は沖縄の方に行ってくれましたがまだ16号が・・・油断できぬ。

この日の詳細はこちらからでもみれます。


9月20日 雨
2001.jpg
朝のニュースを見ながらホテルで朝食。今日は一日雨になるようだ。それは想定内だ。
・・・が沖縄まで抜けたと思われた台風15号が大陸に抜けずに関東目指して大返ししてくるそうだ。
にわかに信じられない話だが本当になったらエライことになるぞ。

2002.jpg
今日は今回の旅の最大の難所「碓氷峠」を抜いて横川で釜飯たべるのだ。
朝から雨が降っている。今日はきっと濡れっぱなしだけど安全運転で頑張るのだ。

2003.jpg
今日もずっと上りだ。昨日の上田あたりからひたすら上りが続いている。
雨が強くなってきた。ちょっと心がめげそう。坂も結構厳しいな。
碓氷峠はさらに厳しい上りが待っている。ここらでバテていられないのだ。

2005.jpg
標高1003メートル。随分上がってきたもんだ。ただ碓氷峠って1000メートルもあったっけ?
ちょっとおかしいなぁ。

2006.jpg
いよいよ碓氷峠の入り口に到着。ただ「これより下り」ってどういうことだ。
とりあえず進んでいこう。

2007.jpg
さらば長野県。いよいよ碓氷峠だ。アツい上りが待っているぞ~・・・。

2008.jpg
・・・と思ったら下りでした。
雑誌で「碓氷峠の上り」とばかりイメージして今まで走ってきましたが雑誌に書いてあった
碓氷峠の上りっていうのは「東京から直江津」へ向かう時であってオイラは
今「直江津から千葉」に向かっているので下りになるのでした。
・・・・・・オイラは今まで相当な勘違いをしていたようです。

2009.jpg
笑いが止まりません。今まで「上り上り・・・」と思っていた坂が下りだったのです。
183ある九十九(つづら)折れをひたすら下っているのです。


2010.jpg
ただ笑ってばかりもいられませんでした。下りのため仕方なくブレーキを連発していたら
ブレーキパットがかなり減らしてしまいました。気にしながらゆっくり下ることにしました。

2011.jpg
本来なら晴れた日に走りたかったですが雨の日も悪くないと思いました。
ちょっと神秘的・・・ジブリの映画に出てきそうな感じ。

2012.jpg
ねがめ橋を通過。ここらへんに来ると観光客もチラホラ・・・。

2013.jpg
ゆっくり時間をかけて183の九十九折れを抜けていきました。
今度はこの坂を上ってみたいな。それにしても顔色悪いなぁ。

2014.jpg
碓氷峠を抜けて横川へ。かまめしの店みっけた♪

2015.jpg
釜飯のノボリを見ただけでお腹グーグーよん。

2016.jpg
いたたきまーーーーーーーーす♪ 超うまーーーい!!!
冷え切った身体にゃ~最高だぜ。御馳走様でした。

2017.jpg
後ろに峠の山々を見ながら群馬の道を突き進みます。今夜は最低でも埼玉に入らなきゃと
思ってました。そんな時雨のせいで携帯電話が壊れてしまった。ヤバいなぁ。

2018.jpg
今まで方向音痴なオイラを導いてくれた国道18号に感謝と別れを告げて
国道17号に入りました。
ただ身体の疲れが抜けず何処かで休みたいと思っていた矢先、「2km先にネットカフェ」の
看板を見つけて行ってみたらまだ開店前のネットカフェでした。明後日開店か~、がっくり。

2019.jpg
がっくりしながらもペダルを回し続けていよいよ埼玉県です。ようやくきたぜ~。
交差点で信号待ちをしていると「日本一周」のタスキをかけた若者がいました。
日本一周なんていいなぁ。オイラも時間ができたらトライしてみたいぜ。

2020.jpg
今夜の宿のことを考えていると自転車屋を発見。
「じてんしゃ村17号店(サイト)」でした。
タイヤの空気入れを借りたり、ブレーキパットの調整をしました。
旅の途中にこういう店があると助かるのよね~。感謝!!

2021.jpg
今夜は深谷でお休みです。今日はたった100kmほどしか走れなかった。ぐすん。


この日の旅の詳細はこちらにもありますので気になったら見てやってください。

9月21日 土砂降りの雨・台風直撃
2101.jpg
朝のニュースを見る限り、大型の台風15号の関東直撃は避けられないようだ。
ブログには仲間から「旅を中止して電車で帰ってくれば・・・」と忠告のコメントもあった。
ただオイラの頭には諦めるという選択肢は全くなかった。

2102.jpg
躊躇もなく土砂降りの中、東京を目指す。
台風ごときのせいで「旅の目標を達することができなかった」という
思いを抱いて悶えながら電車に揺られるなどオイラには耐えられない。

万が一、旅を中止して千葉へ向かうにしても台風で電車が止まれば
自転車を背負った上に帰宅難民になるのは必定。
目的を達せられなかった思いに加えて時間的にも精神的にも
ダメージは相当巨大になるだろう。

2103.jpg
国道17号を土砂降りの中走っていたけど途中から視界が悪くなるほどの
豪雨になったので休憩。

2104.jpg
国道17号を集中しながら走った。雨のせいで足元がよく見えない。
轍にハマって転倒などしたら・・・とにかく安全運転だ。

2105.jpg
東京に到達。ここまでくれば・・・と思ったら急に疲れが出た。
今までは全く知らない道を走り続けて距離を測ることもできないためペダルを回す
ことだけをしていた。ただ知っている道を見た瞬間、自然に「ゴールまでの計算」をしてしまう。

よっしゃ!と思う反面、ほっとしたような・・・身体が重くなってきた。

2106.jpg
環七を通過。どこかビジネスホテルでもないかな~。
あったら休みたい・・・その一心だった。朝の7時から6時間以上
雨に打たれっぱなし、ペダルを回しっぱなし・・・心がヘタっている気がした。

2107.jpg
近くのコンビニのトイレで休憩。顔色よくないな~、我ながら。

2108.jpg
どこかネットカフェでもないかなぁ~。こういう時って意外と見つからないものだわさ。
ちょっと身体が冷えて風邪を引いたみたいだ。
丸二日間雨に濡れっぱなしじゃあたりまえだけどね~。(ちょっと無茶)

2109.jpg
近くにあった薬局で薬買ってしばらく走ると
東大のそばでそば屋みつけた。(←ダジャレじゃないのよ~)

2110.jpg
かつ丼を完食。うまかったよ。

2111.jpg
メシのあと、国道14号を目指した。とりあえず千葉に入ったら休むところ見つけようと
思ったけどいよいよ台風15号がやってきたようだ。横風がひどい。
子供は倒れそうになるし、道行く人の傘は壊れまくるし・・・。

ヤバいな・・・と思ったときにたまたま見つけた秋葉原のネットカフェ「和stylecafe(サイト)」。
ここで休んで台風をやり過ごすことにしました。
このネットカフェ名前の通り和むなぁ。しばらくここの住人になりたいと思いました。(笑)


この日の詳しいことはこちらに書いてあります。気になったら見てやってください。


9月22日 晴れ
2201.jpg 
ネットカフェで休憩がてら台風をやり過ごした。
秋葉原を出たのが深夜1時半。風はまだ吹いているけど雨は降らなそうだ。

2202.jpg
国道14号を使って一気に千葉県内に突入。

2203.jpg
国道14号から296号へ。よく知っている道を走る。ここまで来ると気分はゴールした感じ

2204.jpg
深夜4時半くらい。この時間帯から犬の散歩つれている人やランニングしてる人がいた。
暗闇の中、ちょっと怖く見えた。
ただ相手から見ればこんな夜中に自転車なんて・・・って思っているに違いない。

2205.jpg
夜が明けてきた。あと30~40kmくらいで到着できると思う。
ただ腹が減ってきた。千葉県に入ってからますますテンションが下がっている。
県内に入ってすっかり「ゴールした気分」になっていてペダルを漕ぐ力が弱ってます。

2206.jpg
冨里市に入った。もう20kmくらいでゴールだと思うけど・・・休憩したい。
もう身体に力が入らない。・・・休憩だ。

2207.jpg
休憩するために入ったコンビニの駐車場でコケた。
それもシューズのビンディングを外す時に外れたと思って足を動かそうとしたら
実はビンディングが外れてなくてそのままバランスを崩してコケた。

横にいたオッサンがオイラよりびっくりしてた。
・・・こりゃ、結構ヤバい。もう体力ないわ。とりあえずコケない程度に安全運転で行くべ~。

2208.jpg
朝6時。いよいよ東金市内に入った。あと10kmほどでゴール。

2209.jpg
最後は東金九十九里有料道路をゆっくり走ることにした。自転車は30円だよん。
この道を選んだのは最後はウイニングランみたいにゆったりと走りたかったのと
一般の市道を走るよりはクルマの量も圧倒的に少ないので安全だなと思ったのも理由でした。

2210.jpg
有料に入ってからすぐにあったパーキングに滑り込んだ。
パーキングにあったベンチで横になった。本当に身体がしんどい。
あと6kmくらい。写真はベンチでゴロっとして見上げた空。もうゴールは目の前だ。

2211.jpg
クルマがほとんど走っていない有料道路を走る。もう少しでゴールだ。
途中台風に邪魔されたりしたけど最後は晴天のもとでゴールできる。
最後はウイニングランのつもりでゆっくり走った。

2212.jpg
秋葉原を出て丸6時間。朝の7時半、白子海岸にある国民宿舎「サンライズ九十九里」にゴールした。
やった~・・・というより「やっと着いたか」というのが正直なところでした。
出発前は「ゴールしたらガッツポーズしちゃおう~」と思ってたけど
実際ゴールした時は無言でゴールでした。(苦笑い)

2213.jpg
走行距離はトータルで420km。秋葉原を出てから唯一口にしたのが
途中のコンビニで食べたガリガリ君だけだったので最後は全く力が入らなかったよ~。
台風のせいで一日遅れてしまったけど日本海から太平洋まで走りきったぞ。(ボヤキの映像


ようやくゴールしたのですがこれから家に帰らなきゃいけません。
この国民宿舎から部屋まで20kmあります。(涙)
意外とここから部屋までが「真の闘い」なのかもしれません。(笑)


おしまい。


この日の詳しい模様はここからも見れます。


旧プレイログからのログ友の皆様、そして訪れた方々
今年一年お疲れ様でした。

来年もよろしくお願いします。
よいお年を!


2011-12-30 08:18  nice!(6)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

防忘録20110525 甲子園の熱い夜 [野球]

2011年5月25日 晴れ
17da23.jpg
今日は生まれて初めて甲子園でナイター観戦です。
ロッテマリーンズと阪神タイガースのセ・パ交流戦です。

17da24.jpg
駅周辺には多くの阪神のグッズ屋があった。
ユニフォームタオルやetc・・・。
マリーンズと比較してもその量と種類は圧倒的に阪神の方がすごい。
さすが伝統のあるチームは違うなと思った。

17da25.jpg
ついに野球の殿堂・甲子園球場に到着。

17da27.jpg
なんと球場の裏側に「甲子園歴史館」なる建物があった。
ネット仲間から話を聞いていたので早速中に入ってみた。

17da26.jpg
往年の阪神の歴史や名プレーヤーたちのお宝が多数飾ってあった。
そして甲子園といえば高校野球だ。高校野球の歴史や名シーンの写真もあった。
江川や水野、桑田・清原など懐かしい選手達の写真などがあった。

17da28.jpg
歴史館を楽しんでから球場内に入った。
今日の席はレフト外野席。この写真だけ見ると圧倒的にロッテファンばかりですが
球場の8割は阪神ファンでした。アウェーなので当たり前ですが。

17da2c.jpg
試合はロッテ先発・吉見、阪神先発・スタンリッジで始まりました。
5月18日の中日との交流戦で負けたときの先発は吉見でした。
今回はしっかりやってほしいと心から思いましたが・・・

17da2b.jpg
初回から先制されてしまいました。
1番平野、2番俊介をアッサリやっつけて「こりゃ、いいかな」と思ったら
3番マートンの2ベースと4番選手会長新井様にタイムリーを打たれて
1点取られてしまいました。・・・いきなりかよ~。

17da30.jpg
しかし今夜のロッテは違いました。
2回の表に2アウトから今江ー伊志嶺の連続2ベースでアッサリ同点にしてしまいました。
それにしても伊志嶺の勝負強さはすばらしい。いいルーキーが入ったもんだ。

17da2f.jpg
その後5回の表に1番岡田のヒットから井口、里崎のタイムリーなどが
絡んで2点追加してくれました。
先発の吉見も5回を2失点と吉見なりに頑張ってくれました。

17da2e.jpg
7回にも追加点を上げたロッテが5-2で勝ってくれました。
阪神ファンの凄まじいまでの応援もナマで見れたし面白かった。
特に城島や新井さんへの応援は怖いくらいの迫力でした。
昨年6月にマリンスタジアムで行われた交流戦では阪神に完敗しましたが
今年は何とか昨年の借りを返すことができました。

17da32.jpg
帰りの風景。タイガースカラーのお店がズラリ。
甲子園周辺は完全にタイガースの町といった感じです。
幕張に来てまだ20年そこいらのマリーンズとはチームの
地域への浸透の度合いが段違いだと思いました。

歴史のあるチームは違うなぁと思いながら甲子園をあとにしました。
できれば来年も遊びに行きたいと思いました。


2011-12-22 21:41  nice!(7)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

前の10件 | -

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。